L-Duoリードギタリスト 成川正憲さん使用MD-SE01/Nのご紹介!

MD-SE01/N & E の魅力

かつて、ギブソンのチェットアトキンスモデルやゴダンギターの様な楽器を、ミュージシャンはよく”HANNAMA(半生)”と言いました。それらは通常のエレキギターでもなく、エレアコと呼ばれながら、中途半端な位置に属していました。バンドアンサンブル、ライン撮り等の多様性に答えるべく誕生した、マルチプルなギターがSE01です。伴奏のコード演奏に多彩なトーンを演出し、さらにエフェクター乗りも良くリードギターにも変幻自在に答えてくれます。ギターリストからボーカルのフロントマンにもうれしい音楽ツールの1本として提案できる新しい楽器です。

このギターの可能性は計り知れない。成川正憲 with SE01/N

アコースティックギターの音を再現するためのエレアコでは無く、ピエゾのマイクでどれだけいい音が生まれるかをエレキから追求したギター。そのためエレキギターの方には何の抵抗も無く受け入れられるでしょう。
特徴としては、弦の振動を拾いやすくするための独立したピックアップ、そのためオクターブ調整、弦高調整が可能に。イコライザーは、トレブル、ミドル、ベースのそれぞれの美味しい周波数帯が設定されているのでギタリストの痒い所に手が届く納得のいく細かい調整まで出来ます。しかも、ナイロン弦でもスチール弦でもエレキ弦でもOK。 どの弦でもその特性を充分に引き出してくれるスペックなので、今迄に無いオリジナリティな音をクリエイト出来ます。あと、ゼロフレットを取り入れているので、音の伸びが良いトータル的にしっかり良い音が出てるので、弾き手の音色が引き出され、結果あなた色に染まるギターになるでしょう。
木の材質によってかなりの変化があるので今後の進化も楽しみなギターです。 ? 成川正憲

ギタリスト 成川正憲さんご紹介(メーカーサイト)

軽量&ファッショナブル

軽量化されたボディーはHollow Chamber構造を用いながら、軽量化され、持ち運びも簡単。ステージ上で、エレキの顔?でもエレアコの音がする?・・ファッショナブルな演出も間違いなし!
ネックは通常のエレキと同じスリムネック、ナイロン弦用にはフィンガーピッキングも考慮して微量の幅を持たせた。
さらに、ステージ上でハオリングの心配が削除されました。これは全てのミュージシャンの悩みでした。
ノイズをはじめ、数々のマルチエフェクトやアンプにスムースに対応できます。サンドメイクは自由自在。

商品のご購入はこちらから↓
%e6%a5%bd%e5%a4%a9%e5%b8%82%e5%a0%b4%e5%ba%97%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a2_%e3%83%9f%e3%83%8b

ページ上部へ戻る