moog MATRIARCH 登場!

Grandmotherの発表から約1年・・・

モーグ・セミモジュラー・ファミリーのフラッグシップモデルがまもなく発売です!

Matriarchは、シーケンサー、アルペジエーター、ステレオ・ラダー・フィルター、ステレオ・アナログ・ディレイを内蔵し、さらにパッチング可能な4音パラフォニック・アナログ・シンセサイザーです。 また、セミモジュラー・タイプのためパッチングを行わなくても音作りを楽しむことができます。リッチで躍動感のあるコード・パターンや、多彩な美しいテクスチャ、これまで聴いたこともない新しいサウンド、そして90にも及ぶモジュラー・パッチ・ポイントを駆使すれば音作りを無限に楽しむことができます。クラシカルなmoogシンセサイザー・モジュールの回路に基づいたMatriarchは、創造的なアイデアの源であり、多次元的な音の表現を可能にします。

この手のアナログシンセの肝である「パッチング」は、面白い反面、煩雑さもつきまとう両刃となっていますが、セミモジュラーなMatriarchならシンプル操作でOK。どこかレトロな、なぜか新しい、そんなシンセサウンドを自由自在にプレイできます。

 

発売は2019年12月28日を予定しておりますが、本日よりご予約は承っております。

ご注文はお近くの7thCODE店舗、または楽天市場店から♪

amazonからもOKです。

 

 

【SPEC】

鍵盤:49鍵盤フルサイズ・キーボード(ベロシティ対応、アフタータッチ対応、パッチングにて任意の効果を割り当てて使用)
音源:アナログボイス・モード:Mono、duo、4音パラフォニック
アナログ・ディレイ:ステレオ・アナログ・ディレイ、最長ディレイ・タイム700ms、MIDI同期可能、ステレオまたはピンポン・スタイルシーケンサー:256ステップ・シーケンサー、ステップごとに4音記録可能、12パターン記録可能、Matriarchの音源から切り離し外部音源のコントロールにも使用可能
アルペジエーター:Order、Forward/Backward、Random
モジュラー・パッチ・ポイント:90(パッチングなしでも音作り、演奏が可能なセミモジュラー・デザイン)
入出力端子:オーディオ・インプット(1/4” TS)、オーディオ・アウトプット(L/MONO、R)、ユーロ・アウト(L/R)、ステレオ・ディレイ・アウト(L/R)、ヘッドフォン・アウト(1/4” TRS)、MIDI(IN、THRU、OUT、USB)
外形寸法:812.8(W)×361.9(D)×139.7(H)mm
重量:13.61kg
※仕様は予告なく変更することがあります

 

 

ページ上部へ戻る