[Paul Leed Smith Guitars] NEW Line UP!

2020 PRS SEシリーズよりSEシリーズ初のフル・ホロウボディ・モデルが登場です!

 

 

以前も触れましたが、2020年もPRE/SEシリーズは攻めに攻めるようです。

非常に軽く扱い易く、独特の箱鳴り感がクセになるPRSホロウボディですが、なんとSEシリーズにも登場します。

特筆すべきはその外観。敢えて言いましょう、まったく安っぽくありません。それどころか漂いまくる高級感、昨今のSEは本当に良い造りですね。

その分定価は15万円前後と、SEとしてはちょっとお高めですが、このクオリティであれば納得かと。

-オフィシャルより抜粋-

オール・マホガニー・ボディのホロウ構造を採用し、ウォームで鳴りの良いトーンを実現。22フレット仕様のワイド・ファット・ネック、PRSアジャスタブル・ストップテイル・ブリッジ、58/15 “S”ピックアップといったスペックで、ビッグでクリア、バランスの取れたトーンが特徴です。ソリッドボディのパワフルさと高い安定性に、ホロウボディ独特の鳴りの良さを融合させたビンテージ・ギターにインスパイアされたSE Hollowbody Standardは、演奏スタイルを問わずあらゆるプレイヤーにとって手にした瞬間からフィットするギターです。

 

 

 

ラインナップは2種類。

マホガニーボディの【PRS SE HOLLOWBODYSTANDARD】※左、メイプルボディの【PRS SE HOLLOWBODY 2】※右

それぞれ2色のカラーバリエーションです。あ、指板はエボニーですよ!豪華です。

 

12/23本日よりご予約は承りますが、発売は12/26を予定しております。

 

 

ページ上部へ戻る